トータルアートのサービス案内

塗り替えの効果

住まいを塗り替えることにより、美観への効果が高いのはいうまでもありません。築年数を経た建物はどうしても汚れが目立ってきてしまいます。塗り替えることにより新築当時の美しさを取り戻すことができます。
また、塗り替えることで、家のイメージを一新できることも大きな魅力です。明るい雰囲気の家、オシャレな雰囲気の家、落ち着いた雰囲気の家、あなたの思い描く家のイメージを建て替えることなく短期間で実現できるのです。
塗り替えの効果はそれだけではありません。雨や風といったさまざまな外的要因から建物を保護する役割りがあります。
また、塗り替え工事では必ず下地処理という行程を行います。
これは、壁のヒビや剥がれといった欠損部分をを修繕すると同時に補強をする効果があります。また、カビの発生や増加を防ぎ、鉄材部は錆を落とし劣化の進行を抑えます。
つまり塗り替えを行うことは「家の寿命を延ばす」ことにつながってくるのです。

塗り替えの目安

一般的には鉄部・木部で5年、外壁で10年程度を塗り替えの目安としていますが、使用する塗料の種類や建物それぞれのおかれた環境により大きく異なります。
塗り替え時かどうかの確実な判断は、なかなか難しいものですがいつくかのポイントがありますので、日頃から建物をチェックするように心がけて、次のような症状が見られたら専門業者にご相談されることをおすすめします。

チョーキング

チョーキング(触ると手に白い粉がつく)

紫外線・熱・水分・風などの影響により塗装面の表層樹脂がし、塗料が分解されて粉状になる現象や状態のこと。白亜化現象ともいわれています。
このような状態になると雨に当たる度に分解された粉(塗膜)が流されて薄くなるばかりで、防水機能がほとんどなくなってしまいます。早めの塗り替えをおすすめいたします。

クラック(ひび割れ)

クラック(ひび割れ)

モルタルやコンクリートなどの外壁に見られるひび割れのことをいい、ごく小さな収縮クラック(ヘアークラック)と呼ばれる塗膜表面の浅い細かいひび割れ程度の軽度なものからひびの太さが0.3mm以上の建物に深刻なダメージを与えている可能性のある構造クラックまでさまざまです。
構造クラックの場合、ひび割れから雨水などが入ると基礎内部の鉄筋を錆びさせたり、内部が腐りやすくなったりするので早急に補修が必要となります。

カビ、藻

カビ、藻

カビや藻は、表面で繁殖するだけなので建物に対して特に悪影響を与える訳ではありませんが、放っておくと見た目の悪さや不潔感が増すばかりです。
こすって取り除いたとしても殺菌処理をしなければ必ず再発生します。また、こすり過ぎや漂白作用のある薬剤の使用などで壁自体を痛めてしまう危険性がありますので、避けた方がよいでしょう。

塗膜のはがれ

塗膜のはがれ

素地と下塗りの間、あるいは下塗りと上塗り間の付着強度の低下により剥離や浮きができ、塗膜が素地から離れてしまう現象です。
建物を保護している塗膜がはがれると建物に直接影響が出るため、痛みの進行が激しくなります。基礎内部にも影響してしまうと建物自体の寿命が短くなってしまいます。

金属部の錆

金属部の錆

金属部の塗膜がはがれると、サビが発生します。錆を放置すると鉄の強度が低下するため危険な状態になります。劣化が進むと腐食がはじまり最終的には穴が空いてしまい鉄部全体の交換となってしまいます。
金属部の塗膜のはがれを発見したらサビが発生する前にできるだけ早い塗り替えをおすすめします。

シーリングの劣化

シーリングの劣化

シーリングがヒビ割れている、または裂けているなどの状態。塗装面に影響がなければ大丈夫だと思いがちですが、劣化したシーリングは硬化し弾力性を失って打ち込んでいる部材から剥がれてしまいます。シーリングが剥がれると雨水の侵入の原因となります。
状態が悪くなると、既存のシーリングを全て撤去してやり直すことになりますので、時間と費用の負担が大きくなります。

塗膜のふくれ

塗膜のふくれ

下地の劣化によって、塗膜の隙間に空気(ガス)や水分が溜り、塗膜が膨らむ現象のこと。
塗膜下への雨水の浸入や経年劣化による塗膜の付着力の低下などが原因で塗膜界面に水分や下地の溶解物が溜まると塗膜が持ち上げられてふくれが発生します。
放置しておくとふくれが大きくなるにつれて内包される水の量も多くなり、雨漏りの原因 となります。

ページのトップへ