トータルアートの屋根塗装

下地補修の特徴

下地補修の施工前と施工後

下地補修とは一般的に「下地処理」や「素地調整」といわれ、塗料の機能性を長持ちさせるための大切な工程です。
もとの素材自体が劣化していると、密着度が悪いため塗料は長持ちしません。
これはお化粧するときのお手入れに似ています。顔も洗わず直接ファンデーションをつけてしまうのと、きちんとお手入れをしてからファンデーションをつけるのでは、「仕上がりの美しさ」と「保ち」が当然違ってきます。
同じことが塗り替えにもいえるのです。
具体的には、ひび割れや穴にパテ処理をしたり、段差を修正したり、錆を落としたりすることです。この下地補修をおろそかにすると、どんなに高価な塗料を使用したとしても、その性能を十分に発揮できないばかりか、塗り替えたばかりなのにすぐにはがれてしまうといったトラブルが起こります。
塗り替えとは汚れた表面をただ塗装で覆い隠すだけのものではありません。覆われて目に見えなくなった部分をどれだけ丁寧に行うかで、その塗り替えの「品質」が決まってくるのです。
トータルアートでは、素地の状態や素材、環境に合わせた適切な処理を職人ならではの熟練した技術と丁寧さで塗料の性能を100%生かす下地補修をいたします。

内装塗装のポイント

塗り替え工事を行うにあたって、下地補修は重要であり必ず行う工程ですが、どこも同じ処理でよいというわけにはいきません。
部位や使用されている素材によってそれぞれにポイントがあります。

外壁塗装における下地補修のポイント

シーリング剤を充填

外壁の補修作業で多いのがクラック(ひび割れ)の処理です。細いひび割れにはシーリング材やモルタルなどを擦り込む処理を行いますが、0.5ミリ程度を超えるクラック処理にはVカット(またはUカット)を行います。
Vカットを行うことにより、亀裂の奥までシーリング剤を充填できます。伸縮性のあるシーリングを厚く充填することにより、塗り替え後にひび割れが動いた場合でもある程度までは追従してくれるので安心です。
Vカットした溝にはまずプライマーを塗ります。プライマーには接着剤の他、表面を強化する役割りがあります。さらに多孔質物質の表面を被覆することで接着面積をアップさせる効果もあります。
その上から、ブリード現象を起こさないノンブリードタイプのシーリング剤を充填していきます。
ブリード現象とはシーリング材の成分に含まれている可塑剤が塗料に移行し塗装表面に黒ずみやベタつきが発生することです。ノンブリードはこの現象を起こさないタイプです。
最後にモルタルで調整を行い補修の完了です。

屋根塗装における下地補修のポイント

鉄部のケレン作業

クラック(ひび割れ)がある場合は外壁と同様の処理をします。
鉄部や木部の場合はケレン作業を行います。ケレンとは簡単にいうと錆や塗膜を除去する作業です。
鉄部には1種から4種までの区分があります。1種は錆と既存塗膜を全て除去すること、2種はくぼみや狭いところ以外は除去、3種は2種と同様だが、生きている塗膜は残すこと、1種から3種は電動工具を使用します。4種は錆などをサンドペーパーやワイヤーブラシを手作業で取り除くことです。1種と2種は特殊な工具を必要とし、工事にかかる費用負担も大きくなるので、住宅塗装の場合3種と4種が一般的です。
大変手間のかかる作業ではありますが、錆や浮き塗膜をどれだけ落として、凸凹をなくすかによって仕上がりや耐久性に違いが出るため、省くことのできない工程です。
ケレン終了後は、カスやゴミを丁寧に取り除き、鉄部には錆び止めを塗布します。

防水塗装における下地補修のポイント

凹凸の除去作業

防水塗装は施工時の気象条件に大きく左右されます。下地処理段階では特に注意が必要です。気温が極端に低い場合や雨や雪などの恐れがある場合、雨や雪の後で下地が充分乾燥していない場合は施工を中止しなければなりません。もし仮にこのような状態で施工すれば防水層の不良につながります。
下地面は、凸凹が無い平滑な状態にすることが重要で、鉄筋など突起物、粗骨材、モルタルのこぼれなど、防水層を破壊する危険の高いものは完全に除去しなければなりません。
クラックなども丁寧に処理し水分の侵入を確実にシャットアウトします。鉄部と木部はケレン作業をします。
下地調整後は下地の乾燥を入念に行います。下地の含水率が高いと、水蒸気によりふくれが生じてしまいます。
最後にプライマーを種類に応じて、ローラー、刷毛、毛刷毛等を用いて均一に塗布し、工程終了です。

内装塗装における下地補修のポイント

木部のケレン

室内塗装を行うときにやっかいなのは油汚れです。これをそのままにしておくと上から塗装をしてもはじいてしまいます。油汚れは洗剤や塗料の薄め液などを使用してきれいに取り除きます。
クロスに塗装する場合は、まずクロスの「はがれやめくれを丁寧に補修していきます。
木部の場合一番大切なのは劣化塗膜の除去と劣化木部の除去です。
汚れや古い塗膜をはがすためにケレンをします。汚れのひどいところはサンドペーパなどで入念に落とします。
その上からステイン(元の色に合わせた薄い塗料)で色づけします。

ページのトップへ