トータルアートの屋根塗装

屋根塗装の特徴

屋根の戦い

屋根塗装には美観の向上はもちろん、屋根自体の機能を回復させる目的があります。
一般的に目につきにくい部分であるため見過ごしがちですが、屋根は太陽光による紫外線や熱、雨、雪、霜などの自然条件を直接受けるため外壁以上に劣化する箇所であり、定期的なメンテナンスは必要不可欠といえます。
しかし、塗り替えるといってもただ上から塗るだけでは、期待している効果が得られないばかりか、塗り替えによるトラブルも発生します。
まずは、蓄積された汚れやコケなど、時間の経過とともに粘着力を失い剥がれかけた塗膜をすべて撤去すること、この作業をきちんと行わないと塗り替えたばかりですぐに剥げてしまうといったトラブルにもつながりかねません。
トータルアートでは一般的な高圧洗浄ではなく、より洗浄力の高いトルネード洗浄を行いますので旧塗膜が残ることによるトラブルはありません。
そして、正確な状況判断による正しい施工、高い技術、的確な塗材を使用することにより屋根の美観と機能を確実に回復いたします。

主な屋根材と塗装のポイント

主な屋根材の種類には次のものがあります。

  • 化粧スレート(カラーベスト、カラーコロニアルなど)
  • 金属系(ガルバリウム鋼板、トタン屋根など)
  • セメント系瓦
  • 粘土瓦
化粧スレート(カラーベスト、コロニアルなど)

施工前と施工後

一般的にカラーベストと呼ばれたりしますが、種類や呼び名はいろいろです。色彩が豊富で種類が多いだけでなく比較的軽量で安価なことから新築などによく用いられます。
この屋根材は、「建てた時にフリーメンテナンスと聞いている」という理由から塗り替えの必要がないと思っておられる方の話をよく耳にします。確かに塗装面の劣化だけでは、直接雨漏りにはつながらないといわれています。
しかし、実際には美観を度外視するわけにもいきませんし、少なくとも金属部分はサビてきます。放置すれば建物内部へ水分が侵入し、構造部分の老朽化を促進していきます。
また、塗膜の劣化により新屋根材自体が水分を吸収するようになり苔や藻の発生、冬場には小さなヒビなどからしみ込んだ水が凍結し膨張することで欠損の原因になると考えられます。
塗り替えることにより、素材内の劣化した部分の藻やカビの成長を防止、外部の藻や苔の発生も防ぎます。さらに塗膜を再生することにより耐久力を高め屋根を美しく保ちます。
塗装のポイントとしては、入念な高圧洗浄と縁切りをしっかり行うことです。

縁切りとは

縁切りは、上下の重ね目が塗り替えの塗膜で張付いてしまうことにより、塗っても埋まらない横方向の継目から侵入した雨水が内側に溜まり雨漏りを生じることを防ぐために行います。また、屋根材の裏側の結露による湿気を逃がすための通気を確保する目的もあります。
縁切りを行わないと雨漏りの原因となります。

セメント系瓦

施工例

薄い鋼板の表面にメッキをし塗装したもの。軽量性・防水性・不燃性・加工性に優れ、屋根勾配、屋根形状に対応の自由度が高いといわれます。
断熱性、遮音性という点では配慮が必要で、錆と色あせが発生しやすいので、錆びる前の塗り替えが望ましい。
塗り替える際は、サビの発生が無く、艶引けやチョーキング程度の痛み具合である場合は、釘締め、清掃、高圧洗浄を入念に行ってから塗装します。
サビの発生・割れ・膨れ・剥がれなどが見られる場合は、ケレンによりサビや劣化塗膜を除去し、釘締め、清掃、高圧洗浄を入念に行い、良く乾燥させてから塗装します。
下塗りには錆び止めを使用しますが、どんなにケレン・清掃を十分に行ってもサビを完全に取りきることは難しいので、錆止め効果の優れた塗料を選ぶ必要があります。

セメント系瓦

セメントと細骨材(砂)のモルタルを原料に作った瓦を「プレスセメント瓦」といいます。スレートよりも厚く、瓦に近い重厚感があり、瓦よりも安価なのが魅力。形もバリエーション豊富。
また「プレスセメント瓦」よりセメントの割合が少なく、押し出し形成する瓦が「コンクリート瓦」です。ヨーロッパの伝統的な瓦で洋風住宅によく合います。
経年により変色、脱色がおき、こまめに塗装しないとセメント瓦自体の劣化が早くなるため、数年ごとの塗り替えが必要となります。 塗装が悪くなるとセメントが風化して砂が流れ出し、瓦がスカスカになってきます。そうなると水がしみこみ野地板や垂木を腐らせてしまいます。
塗装のポイントとしては、やはり入念な高圧洗浄と丁寧な下地調整、必要な場合は縁切りを行います。

粘土系瓦

粘土系の瓦には、いぶし瓦(日本瓦・本瓦)と陶器瓦(釉薬瓦)また釉薬の塗っていない素焼き瓦などがあります。これらは通常、塗り替えの必要はないと思われますので、当社では塗装をお勧めいたしません。

ページのトップへ