トータルアートのサービス案内

トータルアートのサービスとは

わたしたちはお客さまの満足こそサービスの基本と考えます。
ご提案からお引き渡しまでコミュニケーションを大切にし、不明点など分かりやすくご説明、お客様にメリットのないご提案はいたしません。
お客さまのご要望には最大限お応えし、不安や不満を残したまま工事を進めない、終わらせないという確固たる信念のもと、一度きりではなく5年後10年後もお付き合い願えるよう自信と誇りを持った施工を行い、お引き渡しの時には笑顔と安心をお届けいたします。

トータルアートの特徴

  • 信頼の施工技術

    お見積前に必ずご自宅の調査をさせていただきます。営業担当と職人が梯子を持参し、ご自宅に伺い目視および打診にて撮影調査し、その後、お見積もりとともに、現状報告をいたします。
    通常、職人は毎日現場で塗り作業を行う大事な戦力です。しかし、営業担当では気がつかない職人ならではの目線で調査することも重要だと考えます。自社の職人だからできることです。
    現場調査や近隣あいさつ、下地補修など、塗り作業以外もとても重要だと考えます。この地道な積み重ねこそが信頼と技術力の証です。

  • 安心の自社施工

    仲介業者や下請け業者を入れずお客様と直接お取り引きをさせていただくため余計な経費が発生しません。
    また、自社職人が直接施工しますので、下請けに任せるとありがちな妥協や手を抜くなどといったことは一切ありません。次の塗り替え時期に、「またトータルアートにお願いしたい」と思っていただけるよう細部まで丁寧に仕上げています。
    ご要望により実際に施工した現場へご案内もいたしますので、塗り替え後の建物をお客様の目でお確かめいただくこともできます。

  • 清掃へのこだわり

    塗装工事には、建物の保護や美観の維持・再生などさまざまな目的があります。しかし工事に伴い、どんなにしっかり養生(シートなどによるカバー)をしても古い塗膜やホコリなどが塗装部以外の所を汚してしまいます。
    せっかく建物がきれいになったのに回りが汚れてしまっては本末転倒です。
    トータルアートの塗装工事は、単に「ペンキを塗って終わり」ではありません。塗布以外の部分も清掃し、はじめて完了となります。

  • アフターフォロー

    トータルアートでは、施工完了後からが本当のお付き合いだと考えています。
    竣工直後ではなく、約1ヶ月後に工事報告書を持参し、定期点検を行い、お施主様のご感想やご意見を頂戴します。
    塗り替え工事は一度きりとは考えていません。次回も、その次も当社にご依頼いただける塗り替え工事を目指しています。

ご依頼からお引き渡しまで

お問い合せ・現地調査

電話・FAX・メールにてお問い合わせいただいてから、お客様のご都合の良い日とお時間にお伺いいたして、現地調査をいたします。
その際に、塗装箇所やご予算、最適な工法・塗料などのご相談をいたします。ご質問などもお気軽にどうぞ。

お見積り・お問い合せ

お客様のご希望に沿った最適なプランでお見積もりいたします。使用塗料や施工内容など分かりやすくご説明いたします。 当社へのご依頼が決まりましたらご連絡ください。ご都合の良い日にお伺いいたして、ご契約と工事予定日を決定いたします。

ご近所への挨拶回り

工事着工の1週間前~3日前ぐらいまでに隣接するご近所様に、粗品と工事内容の書類を持ってご挨拶にお伺いします。 その際に、工事期間や工事に伴う騒音と塗料の臭気などのご説明を致します。

工事着工・足場組立

お客様はもちろんのこと、ご近所様にもご迷惑をかけないよう、安全面に充分注意しながら仮設足場を架けていきます。 仮設足場には、塗料の飛散を防止するネットを張っていきます。

高圧洗浄

塗装の前に建物の表面汚れを高圧で洗浄します。屋根の場合はトルネード洗浄を行い、コケおよび剥がれかけている塗膜をすべて撤去します。 雨漏りしている場合はその処理をしてから洗浄しますので、建物内に侵入することはないので、ご安心ください。

養生

塗装しない部分のサッシやドア、エアコンなどを、養生テープなどを使ってビニールシートで覆います。植木なども塗料で汚れないよう丁寧に覆い隠します。

下地処理

1ミリ以下のヘアクラックの場合は下塗りの段階で同時に処理をしていきます。構造上深いクラックはUカットやVカット処理をした後プライマを塗布、シーリングを施工します。 鉄部にはケレン(サビを落としたり旧塗膜の浮きや剥がれを除去する)を行う。下地処理は重要であるため時間がかかっても丁寧に行います。

下塗り

当社では、主に微弾性フィーラーを使用しています。この塗料は弾力性に優れており、面粗度の粗い下地に対して強固に付着し上塗り剤との密着をつよくします。 さらに細かなクラックをカバーし、防水効果もあるため雨水の浸入から外壁を守り耐候性を持続させます。

中塗り・上塗り

中塗りと上塗りは同じ材料を使用します。中塗りは塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせることが目的で、上塗りは仕上がりを美しくすることが目的です。 ローラーで作業をしますが、ローラが使用できない狭いところなどは刷毛を使用して丁寧に仕上げます。

足場解体・清掃

塗り残しや塗りムラの検査、補修を行い、養生(ビニールや、テープ)を丁寧にはずします。その後、飛散防止ネットの取り外し、仮設足場の撤去、現場周辺の清掃を行います。 作業終了後ご近所さまに工事終了のご挨拶をいたします。

お引き渡し

塗装面のご説明をしながらお客様に確認をいただき、お引き渡しとなります。工事確認書として施工写真に分かりやすい言葉を添えて、ご提出いたします。 アフターフォローにも力を入れておりますので、お引き渡し後でもお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

ページのトップへ