トータルアートの屋根塗装

防水塗装の特徴

 

雨は鉄骨・木材など、建材を老朽化させる一番の原因です。
防水塗装は雨から建物を守る大切な役割をもっています。防水塗装のメンテナンスをおろそかにすると、屋根材や外壁材の隙間から浸入した水により雨漏りが発生し、天井や壁を汚すだけではなく、建材そのものの腐食をまねいたり、カビの発生を原因ともなります。
建物自体に損傷を与えるだけではなく、住んでいる人の健康にもとても有害です。
「ほんの少しのヒビ割れくらい大丈夫だろう」と思って放っておくと、そこからじわじわと雨水が入りこみ、やがて致命的な劣化となり、内外装ともに大規模なリフォームが必要になる恐れがあります。「気づいたら直す」のではなく、水の浸入を決して許さない状態を保つことが大切なのです。
防水塗装の塗り替えは、使用している塗料の種類や施工方法により異なりますが、10年を目安にご検討されることをおすすめします。 ただし、浮き、剥れ、ひび割れなどがあるときは経年に関係なく早期のメンテナンスが必要です。
また、水の浸入を許してしまいがちなのが、建材の継ぎ目や変わり目です。外壁材と外壁材の隙間、外壁材と窓、外壁材とドアとの間などを埋めるシーリング材が劣化してヒビが入っていたり、膨らんでいたりするなら要注意です。
「雨漏り」の被害から、住む人の健康を守り、住まいを長期間美しく保つためにも防水塗装のメンテナンスはしっかりと行ないましょう。

おすすめの防水工法

防水塗装の施工前と施工後

トータルアートでは、一般住宅の場合には主にウレタン系塗膜防水工法をおすすめしています。
この工法は複雑な形状の屋根やベランダへの施工に適しており、下地の形状に馴染み易く、つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れた防水面を形成できます。
また、臭いも少ないため、住宅地においても安心して施工を行えます。
5年ほどを目安にトップコート(最上位の塗膜)を再塗装することで15年程度の防水性の保持が可能となります。
また、15年以上の改修工事でもウレタン防水層の塗り重ね(2、3回)で済み、他の工法のように防水層の全面撤去が無いため工事費の負担も少なくなります。
ただし、施工精度・防水層の厚みなどの確保が特に重要であるため、職人の技術により仕上がりにばらつきが出るのも特徴です。
トータルアートがおすすめする理由はまさにそこです。この「職人の技術」に自信があるからこそおすすめできるのです。
高い施工精度とバラつきのない均一な美しい仕上がりでお客さまのご満足をお約束いたします。

ページのトップへ